志津川の帆立

志津川漁港での帆立の漁具整備のボランティアに参加したある日、
海のパイナップルと呼ばれるホヤを初めて見ました。
このサイズだと海のイチゴみたいです。宮城県では今年、ホヤの水揚げはないので貴重との事。食べさせて頂いたら、新鮮で美味しくクセになりそうです。お酒の肴にピッタリ。

お昼に、売り物にならない帆立を漁師さんが捌いてくれました。こんなに新鮮で甘い帆立を食べたのは生まれて初めて。昨年の9月からピン刺しのボランティアに行き、いつか水揚げしたものを食べてみたいと思っていたので感動でした。一生、志津川帆立のファンになりそうです。

ボランティア活動後たまに行く、長沼温泉の隣の伊豆沼はもうすぐ蓮の花が
咲き始めるそうです。一面に咲く蓮は見応えがありそうですね。

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中