牡蠣の種ばさみ パート2

以前ご紹介させて頂きました「牡蠣の種ばさみ」
今日も志津川漁港にてその作業を行ってきました。

前回は種ばさみの際は、
機械を用いて
4人1組で
ぐるぐる回しながらの
協力作業でした

kaki01
前回までの種ばさみ

今月から、新たな方法として
機械を用いず
1人で
ロープと牡蠣と向き合いながらの
単独作業で行われています

sidugawa_1
今月からの種ばさみ

ロープが思うように開かなかったり
種貝が思うようにひっかからなかったり
手袋がロープに挟まってしまったり

なかなか慣れないともどかしさを感じることも多い作業ですが
すっとうまく出来た時の爽快感!
何よりこの牡蠣が育って漁師さんや町の皆さんが喜んで下さることを想像すると
とてもやりがいのある作業だと思います。

sidugawa_2
帆立貝についている牡蠣の稚貝

それにしても漁師さんはすごいです
私たちが手こずりながら1本ロープを作る間に
3本も4本もロープを完成させていきます

漁師さんたちの手さばきに、いつも尊敬を
漁師さんたちのやさしさに、いつも感謝を

全部でロープ4000本作るこの作業は
来月半ばまで続きます
終わる頃までに少しでも漁師さんたちのように早く
かつ、丁寧に!
作業が出来るようになっていたいと思いました!

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
カテゴリー: Uncategorized タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中