牡蠣の種ばさみ パート3

志津川漁港へ牡蠣の種ばさみに行ってきました。

この日は朝作業場に行くと、まだワイヤーで繋がれていたままの牡蠣が
どっさりと置いてありました。
このワイヤーを切って、繋がれている種貝を
バラバラにしていくことから作業が始まりました。
こうやって海の中に入っていたんだなぁ、と
一同もの珍しそうに見ていました。

0211_1
ワイヤーを種貝を切ってバラバラにしていく漁師さん

さて、種ばさみ
このひと月、沢山のボランティアさんがこの作業を行い
沢山の人が筋肉痛になって帰っていきました☆(笑)

見た目とはウラハラに、なかなか重労働なこの作業

この日のボランティアさんのほとんどが初種ばさみだったので
漁師さんに丁寧に教えて頂きながら作業を行いました。

0211_2
種ばさみレクチャー

途中から若い漁師さんも一緒に種ばさみに参戦!
こちらの漁師さんの種ばさみの速さも
驚嘆の一言でした

0211_3
見事な手さばき!

黙々と作業していくボランティアの皆さん

最初おぼつかなかった手先も、慣れてきて段々とスピードアップ
それに連れて段々この作業が楽しくなってくるのが不思議なことです。

0211_4
黙々と作業するボランティアさん達

種貝の大きさがいつもより少しだけ小さかったことも
関係していたのかもしれませんが

皆さん、何だかロープ作るの早くないですか?
初めてでそんなに出来るのはすごいですね
女の子なのに30本?女子新記録ですそれは

そんなこんなでいざ、定時になって作業が終わってみると。。。

漁師さんもびっくりの、完成したロープの量

「一日でこんなにやってもらったのは初めてです」

最高のお褒めの言葉も頂きまして
漁師さんもボランティアさんも充実感のある一日を終えることが出来ました。

出来た数の問題では決してありません
ですが、漁師さん達の喜ぶお顔を見ることが出来たのは
本当にうれしいことだなと思いました。

この作業ももうじきおしまいです。
慣れてきたころに終わってしまうのが残念ですが、
美味しい牡蠣が育ってくれればと
心から思います

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
アサイド | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中