南相馬市内で足湯をやってきました!

少し遅くなりましたが、原町ベースでの活動のご報告。
今月から原町ベースと米川ベースのスタッフの交換派遣が月一で始まっています。

米川スタッフの向井は足湯をしに南相馬市内へ、
原町の山内さんは南三陸町・歌津の福幸祭りの手伝いに、それぞれ出掛けて行ったとさ。
それは丁度、お盆のとても暑い時期のことだったのです。

3
この日の活動現場となる「じゃぶじゃぶ池」のある公園。
ブルーシートのあるあたりが足湯をする活動場所となりました。
緑に囲まれた木陰でのロケーション。

7
「じゃぶじゃぶ池」
この池は、震災後、放射能の影響により、川や池、プールなどで
安心して遊べなくなった子どもたちのために、支援金を募り作られたそうです。

4
足湯準備の様子。みんなでテントを開いて場を作ります。

準備を整え、足湯を始めるとすぐにたくさんの人が、やって来てくださいました。
お湯に足をつけてもらい、手を揉みほぐすボランティアさん。
この時、1対1での会話をとても大切にします。
5 9
どんなに暑い日でも、足湯はお湯と決まっています。水で代用しても、実はあまり
気持ちよくないので、リラックスになりません。お湯の効果は偉大ですねえ。

6
風船作りを楽しむ子どもたち。

お盆真っ盛りの、南相馬市内では、たくさんの帰省客がおり、
普段、見かけることの少ない子どもたちが、公園にはたくさんいました。
震災後、離散してしまう家庭も多く、そんな状況の中で、家族久しぶりの再会の時、
じいじ、ばあばの心が弾んでいるのが、本当によく分かる一日となりました。

この日の足湯を受けた方は28名。2日間の総計で90名弱の方が足湯を楽しみました。
わたしたちの関わった仮設内では、足湯を心待ちにする人も徐々に増えている様子。

緑の美しい公園で、仮設で、たくさんの方々と触れ合い、
ボランティアにとっても、ささやかな喜びのひと時となりました。

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中