牡蠣の種挟み

最近よく志津川漁港の生産組合にお手伝いに行きます。
ホタテの貝に付いた牡蠣の種をロープに挟んでいきます。

種つけ01
牡蠣の種付け用ホタテ貝

これを海に沈めて牡蠣の種を育てていくそうです。
東松島や石巻の方からも購入するそうですが
志津川でも育てています。

種つけ02
牡蠣の稚貝

震災で漁具が流されてしまったので新品のロープを機械で緩めてから
両手で開きカキをロープ一本に22~24個くらい挟んでいきます。
それから海の中で育てていきます。

種つけ03
種挟み後

お手伝い後に蒸した牡蠣とシュウリ貝を頂きました。
味つけは何もしていないのですが、ダシが効いてとても美味しかったです。

カキ
牡蠣とシュウリ貝

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
ギャラリー | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク