漁業支援 磯の沢~ひころの里秋まつり

ホタテと鮭の出荷のお手伝いに行ってきました。
貝にフジツボが付きすぎて重くなり、生で出荷するのが難しくなってしまったとの事。
およそ10トンの茹でたホタテを貝から剥いて、ひもと内臓を分けて
貝柱だけにするという作業でした。
それから青森に送り乾燥させ香港に出荷するとの事でした。

is01
茹でたホタテ

どんどん茹でたホタテが作業台に運ばれてきます。

is02
剥き方

剥くのを失敗してしまったホタテを頂くと、とても甘くて美味しい!
漁師さんに「食べたいからわざと失敗しただろ?」と冗談を言われてしまいました。

ひもと貝柱を分ける作業はベテランのお母さんたちがやっていました。
とても綺麗に分けていきます。

is03
ホタテの貝柱

午後は3枚におろして残った鮭の骨の部分の尾ひれを切っていきました。
骨が固く最初は切るのが難しかったのですが、
慣れてくると一発で切れるようになっていきました。
鮭フレークになるそうです。

is04
鮭の尾ひれ切り

一日中、とても楽しく作業をさせてもらいましたが、
最後に少し震災の時の話を伺い大変な状況の中で
頑張っているんだなぁとつくづく思いました。

入谷ひころの里で明後日の秋祭りの準備。
テントを12張り組み立ててきました。

is05
ひころの里

is06
テント張り

風が吹くとテントが飛んでしまうかもしれないので
足を畳んだ状態で今日のところは完成です。

is07
組み立てたテント達

is08
流しそうめん用の竹

今日はベテランのボランティアさんが多く、順調に作業が進みました。
祭具や備品も運び終わり、依頼主の入谷の方たちも喜んでくれました。
当日晴れて、地元の皆さんの良い触れ合いの場所となると良いです。

今日のカリタスのボランティアは3名。
南三陸VCのボランティアは11名。
やはり平日は人出不足が深刻です。
みなさんのボランティア活動へのご参加を心よりお待ちしております。
http://caritasjapan.jugem.jp/?eid=197

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
ギャラリー | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中