漁業支援ー歌津地区

本日は、今シーズン初めてのワカメの種はさみに行ってきました。
種はさみとは、2月末から3月初めのワカメの収穫および出荷に向けて、
ワカメを綱の間に挟んでいく仕事です。
この種付の綱を筏から吊るし、生育していくと、
およそ3カ月で立派なワカメが収穫できるようになるのです。

きょうの南三陸町はとても天候に恵まれ、目の前の海も空も
とても美しい景色の中で、活動をすることができました。

DSC01805 (640x480)
稲渕漁港の様子

DSC01809 (640x480)
綱をねじる人と、種を挟んでいく人の2人1組で作業を行います。
綱をねじる人は腕の筋肉をかなり使います。

DSC01813 (640x480)
途中で種が無くなったので、
種付ロープを切り分けていきました。

DSC01816 (640x480)
そうこうしている内に、漁師のお父さんが、沖から帰ってきました。

DSC01821 (640x480)
漁師さんと記念写真。

美しい景色の中での、はじめて行う漁業の作業にみなさん、
充実感いっぱいで、とても楽しそうでした。

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
ギャラリー | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中