ササニシキづくり

登米市米川は米どころ。
飲んでも美味しい地下水を汲み上げ、
お日様の光で温めてお米を育成しています。

南三陸の地域コミュニティづくりの為
昔から食べてきたササニシキの新米を
町内で食べる機会を秋に持てたらと
構想を膨らませています。
言うは易く行うは難し。
米作りはまず土壌改良から。
冬に休耕田の草刈りをし一回目の田おこし。

春に畦の草刈りをして畦畔を作り
二回目の田おこし。


畦畔


田おこし


土壌改良剤散布


吸水口に南三陸の牡蠣殻を取り付け


代かき後水入れ


根っこや草を除去


白鳥たちも優雅に泳いでます


ササニシキの苗箱運び


田植え


同時に苗箱洗い


隙間や隅っこなど手植え


田植え後

立派な田んぼになってきました。
美味しいお米が育つように
愛情込めて成長を見守っていきたいです。

広告

カリタス米川ベース について

カリタス米川ベースです。
ギャラリー | カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中